仮想化基盤はビジネスでも幅広く利用されている

仮想化基盤とは、OSやソフトウェア、それに接続されるハードウェアも含めて全てを仮想環境上で動かすシステムを指します。


この仮想化基盤は、主にWEBサービスやサーバの分野で使われている技術で、ネットワークサービスでは身近なものとして広く利用されています。

この仮想化基盤技術を使うことで、サーバ分野では大幅なコスト削減が実現しました。



本来ならサーバごとにメモリやCPUパーツの入れ替えが必要な場面でも、レンタルサーバの提供プランのカスタマイズが可能になります。

ジョルダンニュース!の情報が更新されています。

豊富な提供プランを可能にするだけでなく、冗長性を持たせることによって、WEBサービスの構築の自由度も高くなっています。

複数のサーバを相互に連携することで、大きなサービスを継続的に提供することも出来ます。
また、この仮想化の技術を使うと、アプリ開発でも容易な動作検証や実験が実現できるようになりました。


仮想環境上で開発中のプログラムを実行することでバグ取りの効率が上がります。

意図的にご作動をさせて動作の実験をしてみたり、致命的なバグが混入していてもパソコンには影響は無いため危険な実験もノーリスクでできます。OS環境ディスクファイルをコピーするだけでバックアップが完了し、もしOS環境のシステムが壊れてもすぐに復帰が可能です。

このようにアプリ開発での動作検証をする上でも旧来よりも大幅な手間削減が可能になっています。


個人でも無料でこれらの環境を構築できるため趣味でも導入がしやすいです。



Copyright (C) 2016 仮想化基盤はビジネスでも幅広く利用されている All Rights Reserved.