仮想化基盤が必要な場面を知ろう

仮想化基盤とは、OSやその上で動くソフトやハードウェアを含む仮想環境全体を指しています。
仮想化基盤技術を使うと様々なメリットがありますが、その一つとして、ハードウェアの購入費用を節約できる点にあります。



パソコンを一式揃えるとなると物理的なハードウェアを揃える必要が出てきます。

ですが、仮想化システムを導入すれば物理的な機械とそれを設置するスペースを用意すること無く、パソコンのアプリケーション上でパソコン環境を再現することが出来ます。

この仮想化技術は、既存のOSを仮想環境にインストールして仮想的にOSを動かし、通常通りのOSの動作を実現するものです。

この仮想化基盤の技術はすでに熟達していて完成度が高いため、その再現性はほとんど判別がつかないほどになります。その仮想環境上でソフトウェアの動作を検証することも可能で、もしソフトウェアに致命的な不具合がある場合でも、その影響範囲は仮想環境システム上に留まるというのが大きな特徴です。

主に使われる場面としては、開発しているソフトウェア動作の検証の他にも、実際に提供されているWEBサービスも仮想環境上で運用されている例が増えています。

通常サーバではなく、仮想環境サーバにするメリットは、サーバの提供側としてのものが大きいです。

サーバ提供側はいろいろなプランを用意することで利用者に合ったサービスを提供できますが、プランごとに物理的なサーバを入れ替えてはコストが増してしまいます。



そのため仮想環境上で動かすことで柔軟性のあるプランを提供することができます。

マイナビニュースを調べるならこのサイトです。

Copyright (C) 2016 仮想化基盤が必要な場面を知ろう All Rights Reserved.