仮想化基盤の技術をわかりやすく解説

仮想化基盤という言葉があります。


この仮想化基盤はパソコンの動作に必要なOSのような基盤システムと、CPUやメモリといったパーツなどのハードウェアを一つの仮想環境上で動かすものをいいます。


この技術の凄いところは物理的なパーツとして存在しているハードウェアをソフトウェア上で再現できる点です。


この仮想化基盤の技術のおかげ、いくつかの分野では大幅な手間や労力が削減できて、それに伴いコストも削減できるようになりました。

BIGLOBEニュースについて詳しく知りたいならこちらのサイトがお勧めです。

この仮想化の技術を使ってできることは多岐に割っていて、幅広いジャンルで活躍しています。



この仮想化技術が主に使われている分野は、サーバ分野です。

クラウドサーバやクラウドサービスにはこの仮想化基盤の技術が使われている場合が多く欠かせないものとなっています。
仮想化技術の特徴の一つとしては冗長性が挙げられます。

ソフトウェア上で再現されたOS環境は外部から設定を弄るだけで、メモリやCPU、グラフィック機能などの構成を変更できます。

そのことにより、通常必要だった物理的なパーツの搬入や換装作業というものを省いて効率よく作業を進めることができるようになっています。



他にも、昔なら難しかった特殊な環境を再現する上でこの仮想化技術も使われていて、特殊な環境内でのアプリ開発とその実行、そして研究にも役立てられています。

実験をするときに大事なのは、安全にリスク無く実行することがあり、仮想環境上で動かすことが適しているわけです。

Copyright (C) 2016 仮想化基盤の技術をわかりやすく解説 All Rights Reserved.